転職ノウハウ

【体験談】40代50代短期離職をした人が転職・再就職を成功させる方法

※本ページはプロモーションが含まれています。

悩んでいる人

私は40歳ですが、転職して3か月で会社を辞めてしまいました。

短期離職すると再就職はできないのでしょうか?

実は僕も2か月で会社を辞めた経験があります。

しかし退職して2か月後に再就職できましたよ。

僕の経験をもとに、どうすれば再就職できるか詳しく解説します。

ゆきひろ

本記事の内容

  • なぜ短期離職は転職市場で不利になるのか詳しく解説します
  • 短期離職をしないためにはどうしたらいいか解説します
  • もし短期離職をしてしまったら、どうすれば再就職できるかを詳しく解説します

本記事の信頼性

転職市場において、短期離職は不利になるとよく言われますよね。

それではなぜ短期離職が不利になるのでしょうか?

企業の採用担当者は、短期離職をした応募者についてどう考えているのでしょうか?

結論から言うと短期離職は転職・再就職では不利になります。

しかし短期離職をしても再就職はできますよ。

それではどのようにすれば再就職できるのでしょうか?

僕の2カ月での短期離職と、6回の転職・再就職経験及び採用担当者として100名以上の採用経験をもとに詳しく解説します。

なぜ転職・再就職で短期離職は不利になるのか

40代50代の転職・再就職活動は依然として厳しいものがありますね。

特に会社を突然解雇されるなど、やむにやまれぬ理由で再就職活動を行っている方は、なかなか採用されずに先が全く見えないことも多いと思います。

そんな時に運よく採用されると、希望条件を満たしていなくても妥協して入社を決めてしまうこともありますよね。

実際に僕も経験があります。

半年くらい再就職活動を行いましたがなかなか決まらずに、何とか年内に決めようと年末に内定が出た企業に入社を決めました。

しかしその企業がとんでもないブラック企業だったんですよ。

短期離職は避けたかったんですが、このままではメンタルがやられると思い2カ月で退職した経験があります。

退職後に僕は運よく2か月で再就職できましたが、やはり条件は良くなかったですね。

ブラック企業の見分け方については下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

関連記事
【体験談】40代50代転職活動でブラック企業を見分ける方法

短期離職とはどのくらいの期間をいうのか

それではどのくらいの期間で離職すると短期離職者としてとらえられてしまうのでしょうか?

最近は若手社員でもキャリアアップのために2~3年で転職する方も増えてきています。

しかし一般的には2年以内に退職をすると短期離職者として認識されることが多いですね。

40代50代の応募者ではひとつの企業に10年以上の在籍期間があり、1社だけ2年以内に退職した企業がある場合は、「何かよっぽどの事情があったんだろうな」と考慮してもらえる可能性もあります。

しかし2年以内の離職が何件もあると、採用してもまたすぐに退職するのではないかと判断されますよ。

ポイント

入社して2年以内の離職はできるだけ避けよう!

採用担当者は短期離職者をこうとらえる

40代50代の転職・再就職活動では、退職理由の伝え方が採否を分ける大きなポイントになります。

なぜなら採用担当者が採用にあたって懸念することは、採用しても短期間でまた転職されてしまうのではないかということだからです。

短期間で転職を繰り返すいわゆる「ジョブホッパー」ですね。

そういう応募者は、せっかく採用しても同じ退職理由ですぐに辞めてしまうと推測されるわけです。

採用担当者とすれば、採用した応募者が会社に定着して活躍してくれることを一番重要視しています。

なぜなら採用した社員がすぐに退職してしまうと、採用担当者の責任になりますからね。

ポイント

採用担当者は短期離職を繰り返す応募者を一番嫌う!

面接での退職理由の伝え方については下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

関連記事
40代50代で解雇されたら転職活動で退職理由をどう伝えればよいか

短期離職をしないためにはどうしたらいいか

短期離職が転職活動において不利になることは理解いただけたと思います。

それでは短期離職をしないためには、どうしたらいいでしょうか?

まずは転職・再就職活動がうまくいかず、なかなか内定が出なかったとしても、あせっていわゆるブラック企業に入社してしまわないことですね。

またブラック企業ではなくても、あなたのキャリアが活かせないポジションで採用されないようにすることです。

徹底した自己分析と企業分析をしよう

それではブラック企業や、あなたのキャリアが活かせない企業に入社しないためにはどうしたらいいでしょうか?

結論から言うと徹底して自己分析と企業分析を行うことです。

転職活動は、ビジネスにおいて重要なマーケティング活動と同じです。

そこでマーケティングの基本であるマーケティングの3Cの視点で、転職活動の考え方を解説します。

マーケティングの3C3C分析(スリーシーぶんせき、さんシーぶんせき)とは、企業のマーケティングなどにおいて、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の観点から市場環境を分析し、経営戦略上の課題を導く分析ツールのひとつである。

出典:Wikipedia

マーケティングの基本は、顧客がどのような商品・サービスを求めているか、自社の強みは何か、顧客にどのような価値提供できるかです。

転職活動においても自社(自分)顧客(志望企業)をよく分析することが大切です。

あなたが志望する企業は、採用予定者に対して何を求めているかを明確にすることが大事なんですよ。

企業分析目的

  • 選考通過率を上げるため
  • 企業とあなたのキャリアのミスマッチをなくすため
  • ブラック企業に入社しないため

企業分析の目的は入社後のミスマッチをなくすためです。

企業分析をしないで運良く採用されたとしても、入社してから「こんなはずではなかった」と失望することも多いですよ。

そうならないためにも企業分析をしっかり行い、あなたのキャリアが十分に活かせる企業かどうか調べておきましょう。

企業分析については下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

関連記事
【体験談】40代50代転職活動での企業研究の方法3選

もうひとつの企業分析の目的は、ブラック企業に入社して短期離職しないためです。

40代50代での転職はなかなか採用されないので、あせって入社を決めてブラック企業に入社してしまうことがよくあります。

実際に僕も経験がありますよ。

ブラック企業に入社して短期離職を繰り返すという最悪のパタンにはまってしまうこともありますね。

転職サイト等に掲載されている企業の求人詳細には、良いことしか記載されていないことが多いですよね。

求人票以外からも企業情報を取って、企業の実態を知ることが大事ですよ。

自己分析についてはまずは、自分の能力(仕事におけるスキル)興味(やりたい仕事)価値観(ゆずれない条件)を整理しましょう。

整理をしたら、それを言語化しましょう。

具体的にあなたの方向性と目標を明確にすることです。

そのためには、あなたがやりたいこと(WILL) 、できること(CAN)、やるべきこと(MUST)のリストアップを行います。

WILL、CAN、MUSTを明確にすることが、レジュメ、面接での志望動機につながりますよ。

WILL、CAN、MUSTの重なった部分があなたの目指すべき業界・企業です。

最後に自己分析と企業分析の結果をふまえて、応募先企業を選定しましょう。

あなたと応募先企業のミスマッチをなくすことが、短期離職を防ぐことにつながりますよ。

ポイント

徹底した自己分析と企業分析が入社後のミスマッチと短期離職を防ぐ!

自己分析の方法については下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

関連記事
【体験談】40代50代の転職活動には自己分析が必要な3つの理由

まずは転職エージェントに相談しよう

転職・再就職活動を始めるにあたって、何をしていいかわからない方もいると思います。

そんな方には、まずは転職エージェントを利用することをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントのコンサルタントは転職活動の進め方から、自己分析の方法、応募書類の書き方、面接対策まで行ってくれて、さらに求人案件を紹介してくれます。

転職エージェントの案件は比較的ブラック企業が少ないですよ。

転職エージェントの求人が転職サイトに比べてブラック企業が少ない理由はビジネスモデルの違いです。

転職サイトは、求人を掲載したい企業に営業して求人広告を集める業態です。

そのために求人広告を掲載したい企業から依頼があれば、よほど問題のある企業以外は広告を掲載します。

それに対して転職エージェントは、採用が決定したら採用者の年収の30%前後が採用企業から支払われるビジネスモデルです。

そのため転職エージェントの営業担当者と求人企業とのパイプが太く、企業の情報についても詳細に入手していますよ

また人を採用すると転職エージェントに高額な報酬を支払わなければならないため、転職エージェントを利用する企業は比較的業績もよく規模の大きい傾向があります。

また非公開求人も多く優良企業が多いですよ。

おすすめの転職エージェントは下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

おすすめ
【2024年】40代50代転職エージェントおすすめランキング

それでも短期離職をしてしまったらどうすれば再就職できるか

自己分析と企業分析を徹底して行い、転職エージェントから紹介された案件に採用されても、いざ入社してみたら入社前の印象とは大きく違っていて退職したくなることもあります。

そんな時はすぐに退職せずに、採用されたポジションで業務を行いながら再度転職活動を開始することですね。

転職期間は長引くかもしれませんが、定期的な収入があるので経済的には安心して転職活動を行えます。

なにより短期離職による不利を避けることができますよ。

しかし自分に合わない職場で長期間仕事を行うことで、メンタルをやられて休職をするようなことになっては元も子もありません。

そんな時は短期離職もやむなしですね。

応募書類に短期離職をどう記載すればいいか

企業に提出する応募書類は履歴書と職務経歴書がマストですね。

それでは短期離職の理由を履歴書、職務経歴書に記載する必要はあるのでしょうか?

結論から言うと退職理由を記載する必要はありません。

なぜなら退職理由は伝え方が非常にむずかしいので、文章だとネガティブに伝わる可能性があるからです。

履歴書や職務経歴書には企業名と退職年月の事実だけを記載して、面接の対話の中で退職理由を伝えるのがベストですよ。

履歴書の書き方については下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

関連記事
【サンプル付き】40代50代転職で採用される履歴書の書き方完全ガイド

職務経歴書の書き方については下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

関連記事
【最新版】40代50代転職で採用される職務経歴書の書き方完全ガイド

面接で短期離職の理由はどう説明すればいいか

短期離職の退職理由を作成するときに注意するポイントは、ネガティブな退職理由を表面に出さないことです。

会社を退職して転職を検討する場合は、「給料が安い」「残業が多い」「休日が少ない」「人間関係がよくない」「会社の将来が不安」などネガティブな理由が多いのが現実です。

しかしネガティブな理由をそのまま面接で話すと、採用担当者に良い印象を与えません。

なぜなら自社に入社しても同じような不満を持って、また退職してしまうのではないかと考えるからです。

対策としては、ネガティブワードをポジティブワードに変換することです。

例えば「給料が安いから」ではなく、「成長性のある貴社で実績を残して、前職より年収をあげたい」というように変換するということです。

また「会社の将来が不安だから」ではなく、「独自の戦略で市場シェアを拡大している貴社で、今までのキャリアを活かして貢献したい」など入社後の活躍するイメージがわきやすい転職理由を述べることがポイントですね。

ポイント

短期での退職理由はネガティブなワードを使用せずにポジティブワードに変換して伝えよう!

面接対策については下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

関連記事
【完全版】40代50代転職面接でよくある質問の答え方徹底解説

まとめ:こうすれば短期離職をしても再就職できる

転職活動で最悪のパタンは短期離職を繰り返すことですね。

短期離職を繰り返すと、どんどん条件は悪化していきますよ。

短期離職を繰り返さないためには、一度短期離職をしてしまったら二度と繰り返さないように、じっくり計画を立てて転職活動を行うことです。

自己分析、企業研究をしっかり行い転職活動に臨みましょう。

まずは転職のプロである転職エージェントのコンサルタントに相談することをオススメします。

おすすめの転職エージェントは下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

おすすめ
【2024年】40代50代転職エージェントおすすめランキング

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下記クリックしていただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ゆきひろ

転職・再就職6回の経験を生かして、ミドルシニアの転職・再就職の悩みを解決いたします。 1回目32歳アパレル専門店店長|2回目34歳スーパーマーケット営業課長|3回目44歳コンビニエンスストアMD |4回目49歳専門店営業部長|5回目53歳サービス業店舗運営本部長|6回目61歳人材派遣業営業職|採用担当者としても新卒、中途100人以上の採用面接を実施|そのため採用者側と求職者側双方の知見を持っています。|横浜市在住

-転職ノウハウ